イカ3楽しいね!

イカ3を沢山遊んだ。とても楽しい。腹八分くらいになってきたので腹を空かせるために雑感を残すことにした。

 

わかば

変わらない塗りと微妙によくなった初弾の集弾性で強気になれる場面が増えた。グレートバリアはやや使いドコロを模索中ではあるが強いところは強い。ホコは使いドコロをあまり分かっていないが他ルールではかなり強さを引き出せているんじゃないかと思えるようになってきた。理不尽を押しつけていくこのゲームにおいてこのブキの理不尽はこのゲーム最高の塗りと戦闘地帯の中で安置を作ることができること。試合を壊しに行くことは困難でも、壊れないプレイングでゲームを作ることができる。まぁ壊すブキが環境に上がっていくので弱いと言われれば「はい。」としか言えないところはある。試合を作ることはできても壊せないのでどうしても攻めることに関しては味方に依存する部分が大きい。けど攻めることができたらそれはもうぶっこわれの最強ブキなんだなぁ。

 

スペシャ

バリア

ヤグラでは最強格と言っていいくらい強い。勝手に進むオブジェクトの上に無敵ができるんだから弱いわけがない。まさかヤグラでわかばが輝く日が来ようとは…

サメ

強くはなるけどちょっと可哀想枠に感じる。敵に避けられた挙句硬直を狩られるなんでチャクチの二の舞かよーってなる。イカロールよけが流行りだしたらいよいよになるのかな。

楽しい。ダカダカ撃つのもいいし追撃で取り漏らしを削りきれるのもいい。コロコロで倒せることもできるのでいい。スフィアみたいに動きは遅いから追いかけるのは難しいけど突っ込んでくれたらやり返せる。一時的に無敵になれてダメージの判定もついているのは弱いわけないんだな。

ハンコ

弱くなっちゃった。強化されると思うよ。

51ちゃん

強い。というより持っているブキとの噛み合いが素晴らしい。あんまり弄るとクソ雑魚になるか壊れになってしまうので様子見してほしい。バランス的には一番フラットな感じがする。強いし適当につかってパワーが出せるわけでもない。特に不満なし。

ウルショ

強い。でもこれもいいバランスと思う。崩しを狙えるスペちゃんが弱いわけない。でも練度がいるし、なにより華がある。特別強化もなく、そのままにしておいてほしい。効果時間伸びそう。

エナスタ

前夜祭で覇権と言われていたのに蓋を開けてみたら覇権とまではいかない感じ。確かに行動保証を付けるのは強いんやけど慣れちゃうとただ動きが速くなったってだけで長射程に圧をかけることは難しいんやなって。どちらかというと体力を増やすことのできるアーマーの方がよかったのかもしれない。取りに行かなきゃ行けないところに難しさを感じるが「スタンド」として実装してしまった以上それを変えるのは難しいかも。自動配布はさすがに強くなりすぎてしまうから取得判定をもう少し緩くするとかあってもいいのかなって思う。

職弯だー

強いとは思うけど使い方が開拓されていない感じ。開拓が進んでいけばだんだん強くなってくると思うけど効果時間がわりと少ないのかな?壊れ感は余り感じない。じっくり見られればあまり怖くはないので1人でぶっ壊すウルショほどの圧はないかも。少しはテコ入れはいりそう。

キューインキ

強いとは思う。バリアに似て無敵ゾーンをやや作れるのは強い。ただ無視されると弱いので吐きどころはセンスがいりそう。ヤグラの上とか、ホコの後ろとか、特定の場所で理不尽を押しつけられるのは弱くはないよね。無視するという選択肢をとれないようにするように頑張ろうって感じ。

ホップソナー

弱くない。強い。もうちょっと上下の範囲があればもっと化けそう。平場に置かれても十分辛いけどね。使ってる側からしたら不満はあるのだろうか。もろいっていうのはありそう。

トリトル

後述するナイスダマと棲み分けるのであれば塗りに強くするか倒しやすくするかのどっちかにした方がよさそう。多分発動後に潜伏できるようになるんだろうな。そこからが本番な気がする。

ナイスダマ

最強。視認性を悪くして、ある程度塗りが作れて、キル性能も申し分ない。直接投げられたら避けようがない。そして効果時間が長いからその時間分圧をかけ続けることができる。使われる側からしたらクソデカ確1ショットが飛んでくるんだから怖いよね。キルに特化して塗りが弱くなってもいいと思うやけどどう?あと効果時間少しだけでいいから削ってほしいなぁ~。一時的に無敵になれるものが弱いわけがないけどそこから確1放り込めるのが最強にならないわけがない。

マルミ

最強。というよりブキ種の癖に隠れてなりを潜めているだけな感じがするけど一番ぶっ壊れているのがこれな気がする。まぁ少しずつヴァリが増えてきているので見つかってしまったか…っていう感じがする。2の仕様でよかったものを超絶強化しちゃってさぁ…とりあえず滞空時間と爆風のエフェクトをなんとかしてね。つまり、2のままでも最強だよってこと。下手にシューターに実装したら終わっちゃうかもね。弱武器ボーナスって言うのはやめなさい。ヴァリはそんなに弱くない。ラクトはメインが当てられるなら弱くない。ソイ…

バトル

今の環境は洗濯機祭りって感じ。強い洗濯機がいる方が勝つってか。チャクチは必要悪だった…?そりゃ強くなるよねって感じやけど、SP必要量はバク増しそう。230pの刑が見えてくる範囲。あとはインク効率とかがっつり減りそう。これだけいっぱいになるとクーゲルを思い出すね。実際は通信環境の問題が相まって強さが増しているだけとは思うけどさすがに増えすぎている感じはする。

あと52は相変わらず全ての短射程を過去にしようとしている感。もうちょい塗り弱くしてもいいんじゃない?塗り跡でかすぎない?ただクソザコになるリスクも孕んでいるしう~んっていう。でも今はちゃんと強いよ、短射程は52に勝つことが1つのステータスになるくらいには。

リッターはブキ自体が壊れているというよりはステージとの相性が良すぎるっていうのがあれかもしれない。最長射程を当てれば強いのは当たり前なので存分に当ててもらいたいがさすがに射線を切ることができる場所がなさすぎてしんど味を感じる。あと通信環境がよくならないと過去を打ち抜かれないように2手先を読み続けるとかいう謎のプレッシャーをかけられ続けられるので強い。これはサーバーが頑張るのを祈るしかない。

イカニンは短射程の生きる道なのでこれが安易にナーフされてしまうといよいよ短射程が泣きをみることになる。というよりローラー死滅してしまうのでは?と思う。ただ見えないのはまじだ。ほんとに見えない。そもそも忍者のくせに見やすかった今までがおかしかったのかもしれない。

 

あまりやり方をわかっていない人が多い印象。新規がいっぱい増えてきているということなのですくすく育って覚えていって欲しい。未来のアルバイターに期待しよう。

 

疲れた。お腹すいたので終わり。もっと遊んでもっと楽しみたい。これからは対抗戦とかもやってみたいぞ!!

 

イカ楽しいよなみんな!!

人とコミュニケーションと精神年齢と鈴と

人という生物は、他人とコミュニケーションを取ることで精神的な成長を得るのか。

コミュニケーション。他人を考え、価値観を理解した上で円滑な会話を行う。様々な価値観に触れることで自分と他者の違いを感じ、理解していくことで自我が形成されていく。

他者に触れる機会が多いかつ、思考力が成長段階にある時。つまりだいたい中学~高校くらいに自我を形成していくこと。それは思春期であり反抗期であり、とても大切なこと。あの人は何を考え、何をなしたいのか。自分はどうか。そんなことを考え過ごしていくなかで自分を見出していく。

一方的なやりとりでは形成されないもの。それは相手の価値観を理解できないから。相手が何を考え過ごしているのかを理解できないかぎり私はまだまだクソガキのままなのだろう。身体は立派に年を取るがココロはまだ小学生。鼻水たらして鼻ほじって、気に入らないやつをいじめて、イヤなことがあったら泣きわめき。そんなクソガキと何ら変わらない価値観が渦巻いている。

大人になっていくためには多くの人間との交流の中で多様な価値観に触れることが必要なのかもしれない。

第3回 Gaming exercise (Gex) プレイ後の猫背を修正したい時

はじめに。

Gex(Gaming exercise)とは、

ゲームをしている時に気になる症状に対して行う治療的体操の事である。

 

すごく久しぶりに紹介する今回の話題は、猫背。

猫背。専門的に言うと「胸椎の過剰な後弯」。元々脊柱には生理的湾曲(カーブ)がありますが、頭・顔の位置が前にずれていくと、それに釣られるように胸椎の上の方から曲がっていき(前屈)いわゆる猫背の状態になります。また、将来的に(といっても数十年後ですが)脊柱の変形を招くことにつながる可能性があります。胸椎は肋骨と関節をなしているため、姿勢の問題から、肋骨の可動性が低下して、心肺機能の低下などを招く恐れもあります。さらに、胸椎の後弯が増強することで首(頸椎)の変形、いわゆるストレートネックにつながる恐れもあります。その他諸々の問題につながる可能性がありますが長くなるので割愛。

 

このように、猫背はゲーム愛好家には身近な問題でありながら、放っておくと様々な障害につながります。姿勢をちゃんとするって大事ですな。

そんな問題を解消するための一つの手段として、今回のexerciseを紹介しましょう。

 

今回は、「僧帽筋の下部繊維」の体操をします。まず、僧帽筋ってなんだよって感じでしょう。僧帽筋とは上から後頭骨、頸椎~胸椎から起こり、肩甲骨~鎖骨にかけて停止する背中のほとんどを覆うクソデカ筋肉くんです。肩甲骨くらいまでは全てクソデカ筋肉くんに覆われていると思って下さい。その筋肉くんの下側、つまり、胸椎の下の方から起こり、肩甲骨に付着する部分を動かしていきます。ここを収縮させることで曲がった胸椎を下から引き下げて猫背を修正することができます。逆に猫背になると、この筋肉が引っ張られることでハリの原因になったり、筋力が低下して機能不全に陥ることがあります。

やり方は簡単で、Yの字で両手を挙げて、その手を後ろ、つまり背中側に動かしていくだけ。できればうつ伏せですることを推奨しますが、座りながらでもある程度の効果は期待できるでしょう。座りながらする場合には両手を後ろに引く際に背中を軽く反らすことを意識すると効果的な体操ができるでしょう。

ちなみに、Y字の姿勢から肘を真下に引き下げる体操をすることで肩甲骨の細かい筋肉くんと一緒に収縮を促すことができるので、より爽快感の強い体操ができると思います。

 

ゲームに集中しているとついつい猫背になってしまいます。それはゲームが面白いからで、仕方の無いことです。猫背が定着し、普段の姿勢が崩れないように日頃からケアを怠らないようにしたいですね。

 

あなたのゲーミングライフが快適なものになりますように。

夜更かし依存症という概念

アルコール依存症…お酒は二十歳になってから。

 

ニコチン中毒(依存症)…たばこは二十歳になってから。

 

そこにもう一つ、二十歳になってからした方がいいものがあると思う。

 

夜更かし 夜遅くまで起きていること。なぜか魅力的な時間帯である深夜。どう考えても日中や夕方の早い時間に行動した方がいいのになぜか深夜に何かをしてしまう。そんなことないですか?

私の独断と偏見ですが、夜更かしという行為はお酒、たばこに肩を並べるくらいにたくさんの人間の健康を脅かしていると思うんですよ。

なので夜更かしという行為に対してもっと慎重に嗜まないといけないと思っています。子どもの頃、夜更かしをしている大人を見てうらやましいと思った経験無いですか?いや、ない?私は子どもの頃から夜更かし傾向にあったのでそんなことなかったです。

夏休みの宿題。8月31日の夜中に白紙の宿題に立ち向かった記憶。友達と朝まで遊んだ記憶。夜が明けるまでゲームをし尽くした記憶。夜更かしして行う記憶はなぜかエキサイティングなものが多い。宿題はエキサイティングなのか?スリルかな?

夜中ってなぜか異常に興奮するというか、なんか汁みたいなのが出てるというか。たまに夜中の方が集中できるとか言っている人がいますけど、それただの興奮状態なのでは?と、今なら思います。仕事などの関係で完全に逆転している人はまた違うのでしょうが。

 

やや脱線しましたが、夜更かしをすることで脳の機能は著しく低下します。思考・判断能力、認知機能、運動・反応機能、酷い状態では性格が変わったり。慢性的な夜更かしをしている場合、アルコールを含んだ状態と大差ないのでは?とか思っちゃいますが、実際の所はどうなんでしょうか。どこかの偉い人が研究してないかな?

そんな状態で勉学に励むことなど困難であり、仕事を全うするなんて不可能に近いです。強烈なディスアドバンテージを背負いながら生活を送っていれば誰だって辛いもの。そりゃ精神状態も不安定になる。

夜更かしの原因ともいえる不眠症。寝られない、寝付けないなど症状があれば病院にかかってどうのこうのとできるのですが、不眠症…ではないけどなぜかなんとなく、やっているつもりはないけどなぜかいつも夜更かししてしまう人、いませんか?

それってまさしく依存症の状態なんじゃないでしょうか。夜更かしすることに依存しており、いつの間にかその状態に陥る。もちろん、ホルモンバランスや生活、仕事の習慣としてしょうがない部分もあるでしょう。でも、そうじゃない時にまでなぜか夜更かししてしまう場合はもう危ないのではないでしょうか。

夜更かしも、やはり二十歳になってから。というより、夜更かしをしたことで被る身体的、精神的な悪影響を考慮した上で、計画的にその魅力的な時間を嗜める。そんな大人な人間ができる行為なんじゃないかなと思います。

 

お酒とたばこと夜更かしは二十歳(おとな)になってから。なにごとも依存、執着、中毒には注意しようと思います。

第2回 Gaming exercise (Gex) 頭の付け根が痛むとき

はじめに。

Gex(Gaming exercise)とは、

ゲームをしている時に気になる症状に対して行う治療的体操の事である。

 

ゲームに集中していると画面に視線取られて頭が前に偏位してしまいます。また、スマホなどでうつむくことが多いと動揺に首に対して頭が前に位置してしまいます。

そうなると、頭を引き上げる筋が過剰に働く状態になり、その状態が続くことで首の痛みや頭痛に発展してしまいます。

そんなときにおすすめのGexを紹介します。

 

今回のターゲットは「後頭下筋群」。文字通り後頭部の下の筋の群れです。頭蓋骨と頸椎をつなぐこの筋群は、現代病といってもいいくらいに痛みを引き起こしていることが多いです。ゲームだけでなくデスクワークの人にも多く、受験勉強などで長時間勉強している学生なんかにもみられることがあります。

 

やり方はシンプルで、後頭部のふちの部分、ちょうど襟足の部分を指で押し込みます。イメージは後頭部から頭蓋骨の内側に指を入れ込むようなイメージです。文章にすると少しぐろいです。10秒くらいそのまま押し込みましょう。痛気持ちいいくらいで続けます。これだけでも結構緊張を緩和することができます。

次に、また同じ襟足の部分で首の骨(頸椎)を左右から指で挟むようにして押し込みます。これも10秒くらい、頭をうなずき-反らしを繰り返しながら行うとより効果的です。

 

こんな感じで筋の疲れを癒やしていきましょう。リフレッシュして改めて集中し直してみて下さい。

 

※注意

頸椎の疾患、自律神経の疾患に対して治療を行っている、必要な状態の人は、こんな誰が書いたか分からないものを参考にするよりもかかりつけ医の指示に従って下さい。

 

あなたのゲーミングライフが快適なものになりますように。

第1回 Gaming exercise (Gex) 首がパーンって張ってくるやつを解消したい

はじめに。

Gex(Gaming exercise)とは、

ゲームをしている時に気になる症状に対して行う治療的体操の事である。

f:id:hamuniku_ika:20220312002117j:plain

やぁ。間を空けさせてもらうよ。



ヘッドセットをしているとき。

モニターに長時間集中していて首が反りまくっていたとき。

キーボードとマウスを振り回し続けて腕を支え続けてきたとき。

あなたの首はパンッパンに張りまくってるのでないでしょうか?

 

そんなときのGexを紹介いたします。

首を片手で(親猫が子猫を運ぶかのように)掴みます。

…それだけだと抽象的すぎるので、詳しくいきましょう。

頭から肩の間、首の後ろを片手で掴み、そのまま1分~3分ほど静止します。このとき、首周りの力は抜くように意識しましょう。

掴む手はできるだけ指を伸ばし、指先に力が入らないようにします。イメージとしては掌(てのひら)と指で挟むような感じです。

f:id:hamuniku_ika:20220312000036j:plain

首を掴む手の形 指を伸ばし手全体で包み込むことを意識する

このGexは全体で包み込むことで皮膚と筋膜(浅筋膜)を伸張させることでリラクゼーション効果を得ます。首周りの筋や筋膜が緊張することで循環動態が悪くなります。そこに伸張を加えて、緊張を緩和し循環動態を変化させることで疼痛を引き起こしていた状態を解消します。

 

※注意

頸椎の疾患、自律神経の疾患に対して治療を行っている、必要な状態の人は、こんな誰が書いたか分からないものを参考にするよりもかかりつけ医の指示に従って下さい。

 

あなたのゲーミングライフが快適なものになりますように。

休日に早寝をするための過ごし方

最近気がついた早寝をするための方法。

 

夜ご飯を早めに食べておくこと。

これだけで夜のスケジュールが楽になり、寝る前のスキマ時間が作りやすくなる。

だいたい7時までくらいに晩ご飯を済ましておくと9時くらいにはいつでも寝られる最強の状態ができあがります。強い。

そして睡魔が来たら抵抗せずに寝る。抵抗してしまうと寝るタイミングを失ってしまいます。抵抗することが常態化するとたちまち睡魔君がやる気を無くしてしまい、バッドステータス:夜更かし気味になります。やる気を無くした睡魔君はなかなかやる気を取り戻してくれなくなるので非常に注意が必要です。

 

睡眠は健康な生活に必要不可欠な行為です。ゲームをするのは楽しいですが、ちゃんと寝ないと楽しめないぞ。